キャスケットと豊富な帽子のバリエーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンチングタイプの帽子の一種で、前びさしのあるデザインのものがキャスケットです。形状の特徴はつばが短いですが横幅が長いです。頭を覆う布の部分がもこもことした素材の仕上がりです。形状を崩れにくくするため固めの素材でできているタイプもあります。
トップにボリュームがあるタイプは好きな深さまでかぶれるうえ、クラウンの余りを引っ張ることで調整もできます。特に初心者では角度や調整を必要としないものだと、着こなしの際に手軽です。ワイヤーがつばに入っているタイプは、着こなしに慣れた方向けです。トップのふくらみを利用することで、小顔効果をもたらすこともできます。ふくらみを前後逆にかぶってボリュームを利用してつばを隠すと、ベレー帽にもなります。

顔の形でキャスケットを選ぶ場合

キャスケットは帽子通販サイトをはじめ、数多くの販売店で取り扱っています。顔の形に合わせて選ぶことで、コーディネートのバリエーションを増やすことができます。
丸顔の場合、角のない形のデザインが顔になじみやすいです。つばを上げて浅めにかぶることで、より良くおしゃれな印象をもたらします。ボリューム感があり、上部に高さが出やすいことも、キャスケットの特徴です。特に顔が面長な場合、頭部が縦に長くなることでより縦長な印象を与えます。つばと床が水平になるように被ると、自然な印象になります。逆三角顔の場合は、ボリュームがありすぎると貧相なイメージとなりやすいです。選ぶ際は、やや小さめサイズの方が良いです。そのうえで若者向けには缶バッジやコサージュを帽子につけることで、よりカジュアルな雰囲気となります。

キャスケットの上手な着こなし方

キャスケットは、元来労働者向けに作られたデザインの帽子です。そのためデニムジャケットなどのワーキングスタイルにも似合います。Tシャツのようなラフな衣装でも、ラフ過ぎない印象をもたらします。若年層はもちろん、年齢層が高めの方でも自然な形でコーディネートができます。
ツイード素材のものは秋冬に向いています。全体的な服色に合わせて被ると、更におしゃれです。単色で生地の薄いキャスケットは、ジャケットと組み合わせることで遊び心のあるコーディネートに繋がります。冬場にコートと一緒に被る場合は、季節感のある色合いと組み合わせることで、フォーマルになり過ぎないデザインとなります。帽子はカバンに入れることも可能ですから、持ち運びの際も便利です。