帽子を長くかぶり続けるためのお手入れ方法

帽子の種類はパナマハットをはじめ多数ありますが、手入れをしたり適切な保管方法をとることで、型崩れや汚れを防ぎ長期間の使用に繋がります。
手入れをする際には、取り扱いの説明書や生地の裏手にある絵表示を確認してください。洗剤や柔軟剤で洗えるか否かを確認した上で、適切な洗い方をしていきます。帽子の内側に付着した汗や皮脂の汚れは、ぬるま湯に浸して固く絞ったタオルで拭くと良いです。陰干しをして乾かしたら手入れは完了です。
一方、ドライヤーや直射日光をあてて乾かすことは変形や色あせの原因になりやすいです。除菌スプレーで日頃のお手入れをすることも可能ですが、夏場は特に汗や頭皮の匂いまでは除去できない場合もあります。

帽子の保管方法を楽しむためには

帽子の保管は、汚れを落として湿気の少ない場所に置くだけではありません。インテリアとして楽しむことで、住生活により楽しみをもたらします。
ハンガーフックがあれば、アジャスターを掛けるだけで場所をとりません。ワンランク上の楽しみ方としては、一つのハンガーフックをバラバラにつける方法もあります。帽子以外に、カバンや服も一緒にかけることで、独創性なデザインになりやすいです。
複数の帽子を持っている方には、スタンドタイプも良いです。コーディネートの際に選びやすくなりますし、様々な色やデザインのものを掛けることで、インテリアとしても楽しめる要素です。

帽子の防虫防臭対策

帽子を購入して適切な保管方法をするにあたり、虫食いやにおいを防ぐことも長くかぶるためのポイントです。帰ってきた後は、専用のブラシを使ってすぐにブラッシングをすると良いです。虫や卵が付着してしまっていると、虫食いの原因です。特に、柔らかな動物性繊維はやられやすいです。湿気が少なく日の当たりにくい場所に保管することで、焼けや型崩れを防ぐことに繋がります。定期的な換気で風通しを良くしたり、除湿剤を置くことでも効果は高くなります。
衣替えの時期にタンスに帽子を片づける前や日頃の生活で取り扱い事項を守って洗濯をすることでも、防虫防臭対策に繋がります。タンスに片づける前には、防虫剤や除湿剤を設置しておくと良いです。近年では、匂いが付かないタイプも販売されていますから、苦手な方も使いやすいです。そのうえで日頃から部屋の掃除をすることでも、埃が入らずダニの心配もなくなります。

正確に帽子のサイズを計る方法

帽子を購入した後にサイズのずれが生じると、満足な着こなしができません。可能な範囲正確にサイズを計ったうえで、購入すると失敗しにくいです。
正確に測るにあたっては、鏡の前に立ち眉間にメジャーの端を指で押さえます。後頭部を通りながら一周させて、眉間の部分で重ねます。特に後頭部は、眉間とほぼ同じ高さになるように注意します。斜めになっているとサイズのずれに繋がりやすいです。横を向いて水平になっていれば正確に測れています。サイズを測る際、自分一人で難しい場合は誰かに手伝ってもらうと良いです。
また髪の毛の量が多かったり硬い場合は、少し大きめの数値が出やすいです。そういった時には水泳キャップなどを被ってから行うと正確に計れます。

サイズに合わせた帽子選びをするために

頭のサイズにあたる頭囲ですが、男性平均がおよそ57から58cm、女性が54から55cmです。帽子のサイズは、SSが53cm、Sで54から55cm、Mで56から57cm、Lは58から59cmとなっています。フリーサイズでは、概ね男性で58cm、女性で57cmで作られています。
帽子サイズ選びの際は、実際の頭囲より1cm余裕があるものを選ぶと良いです。余裕をもって緩くかぶりたい場合は2cm余裕のあるものを選ぶ方法もあります。頭が大きめの方には、サイズに合ったものが良く、小さめの方では内側にサイズテープを貼って調整することで、ワンサイズ小さくすることに繋げます。一方、着こなしを踏まえて無理をして小さいサイズを
選ぶと窮屈になり、違和感を与えかねませんから注意が必要です。

帽子サイズを測って購入しても納得できない時

通販で購入した際、予め計測したりサイズテープで調整をしてもうまく合わない場合もあります。店舗によっては、一定期間の無料保証制度を設けている所もあります。手元に届いた後も、納得できずに被り続ける心配もありません。送料も負担してもらえる会社だと、購入後も余計な費用が掛かりません。
一方、理由によっては交換や返品に対応してもらえないこともあります。ご自身の都合で汚れや破損を起こしてしまったり、オーダーメイドで製作してもらった場合などで、対応しかねる場合もあります。予め購入後の補償について、ホームページや電話で確認しておくと良いです。電話での対応も丁寧に答えてもらえるお店だと、トラブルが生じた際もスムーズな対応をしてもらいやすいです。