パナマハットにおける帽子の基礎知識

パナマ草の葉を細かく裂いたものを編んで作られた帽子が、パナマハットです。丈夫で軽く、軽快なかぶり心地が特徴です。パナマ草は、均衡に生えた素材では無いので機械で帽子をつくることは出来ず、職人による手作業で仕上げます。本格的な仕上がりを希望される場合は、仕上がりまでに1か月単位となりやすいです。
編み上げをした後に、脱色や染色の加工をします。白色のパナマハットをつくる場合は、硫黄を含んだ液体で数日かけて脱色します。その後天日干しで成形をし、人の手で帽子の形を整えていきます。リボンなどの装飾をする場合も、この段階で行います。
パナマハットは、エクアドル国内で手間と時間を掛けて作られる帽子です。国内で製造する場合も、帽体を現地で輸入した上で製造へと繋げていることが多いです。

顔の形で選ぶパナマハット

パナマハットは、着こなしを上手にすることでおしゃれアイテムとなり相手に魅力的な印象をもたらしてくれます。帽子選びですが、顔の形に合わせることで魅力を増しやすくなります。山の部分をクラウン、つばの部分とブリムと呼びますが、丸顔の場合クラウンが丸くて平たい形が似合いやすいです。浅目に被ることで縦の長さを自然な形に引き出してくれます。面長な顔の場合は、細長いシルエットタイプが良いです。深めにかぶることで、バランスがとれます。四角顔の場合は、クラウンを浅目にしてブリムを少し大きめの形にするとバランスが取れやすくなります。三角顔の方には、デザインを含めて大き目な帽子を選ぶと良いです。

通販でパナマハットを購入する際のポイント

帽子専門店をはじめ、通販でパナマハットを販売している会社があります。上手に選ぶことで、サイズのずれを防ぐことができ、おしゃれを楽しめることに繋がります。帽子のサイズを計る場合、メジャーで眉毛上1cmを水平に頭の後ろを通して、一周させます。ゆとり分として1cm程度プラスしたサイズが、適したものです。そのうえで、顔の形や大き目など好みに応じて選ぶと良いです。
コーディネートをする際には、季節感と色合わせをすることで自然なおしゃれ感をもたらします。色を選ぶ際には、ジャケットやズボンなど着用頻度の高い服装の中にある1色と組み合わせると統一感が増します。全身のファッションを同じ色にしてから、アクセントとしてパナマハットを選ぶ方法もあります。サイトでも商品の写真が掲載されているため、イメージしながら帽子を選ぶと間違いは起きにくくなります。