帽子を長くかぶり続けるためのお手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帽子の種類はパナマハットをはじめ多数ありますが、手入れをしたり適切な保管方法をとることで、型崩れや汚れを防ぎ長期間の使用に繋がります。
手入れをする際には、取り扱いの説明書や生地の裏手にある絵表示を確認してください。洗剤や柔軟剤で洗えるか否かを確認した上で、適切な洗い方をしていきます。帽子の内側に付着した汗や皮脂の汚れは、ぬるま湯に浸して固く絞ったタオルで拭くと良いです。陰干しをして乾かしたら手入れは完了です。
一方、ドライヤーや直射日光をあてて乾かすことは変形や色あせの原因になりやすいです。除菌スプレーで日頃のお手入れをすることも可能ですが、夏場は特に汗や頭皮の匂いまでは除去できない場合もあります。

帽子の保管方法を楽しむためには

帽子の保管は、汚れを落として湿気の少ない場所に置くだけではありません。インテリアとして楽しむことで、住生活により楽しみをもたらします。
ハンガーフックがあれば、アジャスターを掛けるだけで場所をとりません。ワンランク上の楽しみ方としては、一つのハンガーフックをバラバラにつける方法もあります。帽子以外に、カバンや服も一緒にかけることで、独創性なデザインになりやすいです。
複数の帽子を持っている方には、スタンドタイプも良いです。コーディネートの際に選びやすくなりますし、様々な色やデザインのものを掛けることで、インテリアとしても楽しめる要素です。

帽子の防虫防臭対策

帽子を購入して適切な保管方法をするにあたり、虫食いやにおいを防ぐことも長くかぶるためのポイントです。帰ってきた後は、専用のブラシを使ってすぐにブラッシングをすると良いです。虫や卵が付着してしまっていると、虫食いの原因です。特に、柔らかな動物性繊維はやられやすいです。湿気が少なく日の当たりにくい場所に保管することで、焼けや型崩れを防ぐことに繋がります。定期的な換気で風通しを良くしたり、除湿剤を置くことでも効果は高くなります。
衣替えの時期にタンスに帽子を片づける前や日頃の生活で取り扱い事項を守って洗濯をすることでも、防虫防臭対策に繋がります。タンスに片づける前には、防虫剤や除湿剤を設置しておくと良いです。近年では、匂いが付かないタイプも販売されていますから、苦手な方も使いやすいです。そのうえで日頃から部屋の掃除をすることでも、埃が入らずダニの心配もなくなります。